die-in(ダイイン)
「社会」を見つめ、「世界」を感じる。それが悲惨だからこそ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
【イベント】「死刑 ― 作家の視点、言論の責任 ― 」
あ、事前に告知のエントリーを立てておけばよかった。
ちょっと行けるか微妙だったものですから。平日だしな。って失業者には曜日なんて関係ないけど☆

そんな訳で、日本ペンクラブ主催のシンポジウム「死刑 -作家の視点、言論の責任-」に行ってきました。瀬戸内寂聴さんの講演 → 森達也(作家)・篠田博之(「創」編集長)・川村湊(文芸評論家)の発言といった流れ。
司会の人が、なんっか観たことあるな~??と思っていたら、NHK裁判の回で丸激に出演されていた山田健太さんだった。

死刑制度に元から関心のある人間にはさして新鮮味の無いものだったけど、篠田さんが宅間守や小林薫を引き合いに出して仰っていた「(死刑になることで)死にたいと思い、いわば自殺のために犯罪を起こす人たちにとって、死刑は抑止どころか動機になっている。そうした人たちにとって、死刑は刑罰たりうるのか。死ぬために犯罪を犯す人にとって罰とは何なのか」という趣旨の発言は考えさせられるものだった。
フォーラム90が発行した最新の会報(?)でも、裁判への希望を捨てて「死んで償う」という考えを持つ死刑囚が増加する中で、いかに死刑制度に抗うのかが問題提起されており、「自ら死のうとする加害者」は極めて今日的な大きな問題だと感じる。
ちなみに、この論点については以前、いとうせいこうも自身のブログで問題提起していた。
http://ameblo.jp/seikoito/entry-10180355724.html
http://ameblo.jp/seikoito/entry-10181742142.html

私もこの点について未だ答えは出ないが、現時点で一つだけ思うのは、「自分の過去からも未来からも目を背けさせない」ということだ。
自分の犯した過去=罪と向き合うこと。
絶対に復帰できない(生き返らせることの出来ない)罪を背負って生きること。
それが、人を死に至らしめた人間にとって最低限の義務であると私は思う。自分の罪を正当化し、死刑制度によって自分の犯した罪や自分の人生それ自体から逃げようとする人々がいる中で、死刑はアムネスティなどの訴える「残虐な刑罰」ですらありえない。

といったわけで、今日買った篠田博之著「ドキュメント 死刑囚」が今日から私の読書課題。
スポンサーサイト
【2009/03/05 23:59】 | 死刑制度 | トラックバック(0) | コメント(0) |
経済危機が「死刑廃止」を生むのか? -アメリカ発のニュースより-
明日というか今日は撮影のため、昼には出かけなくてはならないのに、どうも寝るモードにならないのでもう一つエントリー。
アメリカ発の金融危機が世界的に大きな打撃を与える中、こんなニュース記事があった。
◆米各州で死刑制度廃止の動き、経費削減のため
以下、記事より抜粋。
【2月18日 AFP】米国のいくつかの州が死刑制度の廃止を検討している。経済危機に見舞われ州の財政が苦しいなか、死刑制度を維持する費用が大きすぎるのがその理由だ。
(中略)
■財政負担が大きい死刑制度
 死刑廃止による予算節約効果は大きい。死刑を執行するまでにかかるコストは終身刑の10倍に上る場合もある。
 死刑に関しては、判決が下されるまで裁判が複雑化・長期化する傾向がある。被告が上訴してさらに長期化する場合も多い。さらに死刑を求刑される被告は自費で弁護士を雇えないことも多いが、その場合は公選弁護人の費用も州政府が負担せねばならない。また、収監施設や死刑執行室の維持費も州の財政にとって大きな負担だ。
(後略)

現在、アメリカでは50州の内36州で死刑が存置されているが、記事によれば、その中で少なくとも4つの州(主に死刑執行の少ない州)が財政的理由から死刑廃止を検討しているという。
死刑存置派の中には「凶悪犯を税金で食わせるなんてけしからん! さっさと処刑して当然!」といった意見を口にする人もいるが、実は日本においても、無期懲役より死刑のほうが「高コスト」である。
また死刑事件を扱う弁護士に対して「悪者の見方をするなんてけしからん」とか「金ももらわずに弁護するなんて、裁判を自分の思想に利用しているからだ」といった非難がしばしば浴びせられるが、日本においても死刑事件の被疑者は弁護士費用を支払えないケースが多い。そのため無償で受任する弁護士が1人もいなければ、国選弁護人が弁護に当たる他ない。その場合の弁護士費用は、当然、税金である。つまり、無償もしくは低賃金で私選弁護人になる人々がいるからこそ、「税金(国選)による凶悪犯の弁護」は阻止されているのである。

しかしまぁ、なんというか、アメリカって実に「合理的」な国ですね。死刑のほうが「お高くつく」ってことは廃止運動をしている人の中では割と常識だが、金銭的な理由で廃止が検討されるという話は聞いたことが無い。もしかしたら初めてかもしれない。
ナイーブな日本人である私としては、死刑廃止派にも拘らず「金で人命を左右するって、どーなのよ!?」などと思ってしまうのだけど。
【2009/02/26 03:34】 | 死刑制度 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「死」を笑う人々
約半年ぶりの更新ですがナニカ?
わたくしは昨年仕事を辞め、クリスマスから帰省してました。地元で検査入院をしたり、薬害肝炎裁判の傍聴をしたり、友人の生活保護申請を手助けしたり、なんだかんだで2ヶ月経過。アンリャー。
もちろんこと、私が沈黙している間にも社会は動き、昨年の自殺者も11年連続で3万を超えたことが分かり、年末は派遣村がニュースを席巻し、2ヶ月スパンを崩すまいと1月末には死刑が執行され、泥酔会見で大臣が退陣し、その大臣を「頑張れ、日本一!」と励ます妻がおりと、まーアレだ。
アレってナンだ?

私がかつてストーカ(げふ)、じゃなくて追っかけをしていた鳩山元法務大臣(現総務大臣)も、今やかんぽの宿問題で時の人である。
死刑廃止議連事務局長の保坂議員と、13人の死刑執行命令を出した鳩山大臣が、かんぽの宿問題で意気投合する時代である。いやぁ、10年一昔ですな。って、10年どころか1年も経っていないが。
しかし、鳩山大臣の死刑に対する考えはもちろん変わっていない。
◆「沈没」「死刑執行」、相次ぐ不用意発言
文末より引用。
「昨年は法務大臣をいたしまして、13人ばかり死刑を執行いたしましたので、朝日新聞から『死神』という称号を与えていただきましたが、現在はかんぽの宿の守り神として仕事をしておる鳩山邦夫でございます」
ぶっちゃけ、鳩山議員は法務大臣時代から失言の多い方で、友人の友人がアルカイダとか何とか言っておられましたから、この発言自体にはさほど驚きません。映像を見ると後ろに地方議員か候補者らしき姿が見られ、おそらく身内(自民党内)の人が集まるような場所での発言っぽいので、かんぽの宿問題でこれだけ調子に乗っ(げふ)、勢いのある時期なら失言の一つや二つは想定範囲内。
むしろ私が驚いたのは、この発言で場内に笑いが起きていることだ。
「昨年は法務大臣をいたしまして、13人ばかり死刑を執行いたしましたので(場内:笑い)、朝日新聞から『死神』という称号を与えていただきましたが(場内:笑い)、現在はかんぽの宿の守り神として仕事をしておる(場内:笑い&歓声)鳩山邦夫でございます(場内:拍手)
といった具合だ。同記事前半で紹介されている笹川総務会長の発言でも、同じく場内はウケている。ちなみに、笹川発言は国会議員のパーティーでなされたものだそうである。

まず単純に言って、人の死を軽々しく「パーティージョーク」に使うのはバカ者のやることである。それを聞いて笑うのも愚か者である。
恐ろしいのは、このような、人の死を笑いのネタにした発言をすることで「批判されるかも」と想像するどころか「ウマイこと言ったからウケるに違いない」と感じるような言論空間で、多くの国会議員が生活していることだ。ましてや鳩山大臣に至っては、自らが命を奪った(そのためのGoサインを出した)相手の死を「笑いのネタ」にしているのである。
そして現に先の発言は、(少なくとも現場においては)笑いを取り、「問題」ではなく「パティージョーク」として成立した。多くの政治家の中で。
しかも見落とせないのは、この二つの発言で引き合いに出されているのは、いずれも国家権力が絡んだ「人の死」である。
えひめ丸事件は、アメリカ海軍という強大な国家権力の人為的ミスによって人名が奪われた。13人の死刑囚は、発言した本人である鳩山議員の法務大臣権限によって、つまり鳩山大臣が発動させた日本国家の権力によって処刑された。
国会議員として国家権力を行使する側の人々が、何故ここまで「国家権力が奪った命」に無神経でいられるのだろうか。そのズバ抜けた「欠落」こそが、私は恐ろしい。
【2009/02/26 02:44】 | 死刑制度 | トラックバック(0) | コメント(3) |
「休暇」、宮崎、そしてアキバ (後)
【6月18~19日】
18日は高熱でほとんど眠れないまま時間だけが過ぎる。
19日朝になって、ようやく平熱+1℃まで回復。
結局、今日も休む旨を職場に3日連続で報告。週4日しか出勤しない人間が3日も連続して休むのだから、それはもうこれ以上ないほど謝罪する。謝りすぎて、なんで病気なのにこんなに謝ってんだろうと悲しくなるほど謝る。
かつてジャン=リュック・ゴダールは「すべての仕事は売春である」と言ったけど、まったく確かにその通りだぜとか、朦朧とした意識の中で考える。
業種や職種を問わず、仕事とは「なにものかを生産できる身体」を売ることである。病気で商品価値が失われ、自給を貰えないというのはそういうことだ。

加藤容疑者は、派遣労働者として「身体」を売り続けた。
苛酷な環境の中を。不安定な状況で。
刑務官たちは「殺人を経験する身体」を仕事として強制されている。
それも見知った人間の死を。このところはすごい頻度で。
人を殺人に駆り立てる労働と、人に殺人を強いる労働。
果たしてどちらが残酷か?
と問われれば、もちろん「どっちも残酷」である。

執行の直前に観た「休暇」に登場する刑務官たち。
非正規雇用の問題に怒りながら反抗を犯した加藤容疑者。
たかが風邪で窮地に追い込まれる私。
なんだか、「労働」と「死刑」の問題が私の中でいろいろ重なったのだった。

さて、そんなことを書くと、想定される反応として「アキバの無差別殺人を肯定するのか」系のコメントがあるかも知れないので、そんなわきゃねーだろ!と言っておく。
ただ、この事件の背景に雇用や社会保障システムの問題があるのなら、それについては徹底的に分析し解決されるべきであることは確かだ。
加藤容疑者と似たような、もしくは加藤容疑者以上に劣悪な状況下で、犯罪を犯さず暮らしている人は沢山いる。その事実を「みんな、それでも我慢して頑張ってるのに、犯罪を犯すなんてとんでもない奴だ」と、加藤容疑者個人の問題として切り捨てるのか、「同じように追い詰められる人間が一人でも出ないよう、対策を取ろう」と考えるかで社会は大きく変わる。
追い詰められた末に犯罪に走ることはもちろん正しくない。しかし、全国民に「何があっても人を殺すな」を徹底することが可能なら苦労は無いわけで、現実的には「出来るだけ追い詰められない社会」にすることが再犯防止策であると考える。

<蛇足>
さて、私は本日無事に職場復帰。ブログも更新できるってもんだ。

<関連記事>
マガジン9条~雨宮処凛がゆく!~「秋葉原の無差別殺人、の巻」
【2008/06/20 17:56】 | 死刑制度 | トラックバック(0) | コメント(1) |
「休暇」、宮崎、そしてアキバ (中)
【6月17日】
起きると、嘔吐を伴う激しい咳。仕事を休む旨を職場に連絡して、病院へ。
帰宅して二度寝したかったけど体調が悪すぎて眠れず、だからといって出来ることも無いので、携帯でmixiを確認。すると死刑廃止コミュの「6月の執行が避けられるように!」というトピックスが更新されている。
このトピックスは実に心臓に悪くて、更新の度に「執行があったのか」とドキリとし、中を見ると実は違う(同意する旨のコメント)ということを既に度々経験していた。そのため、一瞬ドキリとした直後、いや、またいつもの通常コメントだろうと思った。
が、次の瞬間にまた認識が変わる。
コメント数が今までの倍近くに膨れ上がっている。
去る6月14日、安田事件の控訴審判決に対する抗議集会で、安田弁護士が「今週中か来週にも、三名の死刑が執行されようとしている」旨の発言をしていたのが頭を過ぎる。人数まで明確に言えるということは、もうかなり確実だなと感じたのを思い出した。

トピックスを見ると、やはり3名が執行されたとの内容だった。その中には宮崎勤の名前もあった。
ご多分に漏れず、私も熱っぽい頭で「あぁ、アキバ事件があったから"オタク処刑"か」と即座に思った。「有名人」を処刑することには必ず意味があると思うし、確定から執行までの期間が平均よりかなり短い(約二年半)からだ。
この時期に、他の「無名」な死刑確定囚ではなく、確定年月の長い順でもなく、宮崎勤を処刑したことは、明らかに恣意的だ。
実際には、アキバ無差別殺人と宮崎勤の犯した幼女誘拐殺人は、殺人の種類も違えば動機から経緯からいろいろと異なる点がありすぎて、むしろ同一性を見出すほうが難しいくらいだと思う。しかし、とりあえず「オタク」という象徴的なゾーンにいる人間を処刑することで、早い話が「加藤もすぐこうするから、国民の皆様ご安心を」というパフォーマンスをやったわけだ。
あまりにも分かりやすい。しかし、パフォーマンスであるからには、分かりやすくなければ意味が無いわけで。

ただ私が一番驚いたのは、宮崎勤の再審請求(準備中であった)の弁護人の名前を聞いたときだった。
連続幼女誘拐殺人:「再審準備中」の執行に抗議 弁護士
田鎖弁護士の名前は「死刑廃止年報」やアムネスティの死廃ページでも目にしていたし、一度なにかの集会で報告を聞いたこともあった。確か「監獄法」が改正された直後で、法改正によって死刑囚の処遇(主に確定者との外部交通)がどのように変化しているか、という内容だった気がする。
つまり田鎖弁護士は、死刑廃止運動家としてもかなり精力的に活躍されている方である。
まぁ、そういう人でもないと宮崎勤の弁護人になってくれなかったのかも知れないけど、これは(意図的では無くても結果として)死刑廃止運動に対してもある種「嫌がらせ」だな、と思わずにはいられなかった。

とかなんとか考えていたら、アッという間に体調が悪化し、平熱の35.4℃から38.4℃へと急上昇。後はもう、ひたすら吐いて唸って咳き込むのみ。再度病院へ行くがすぐには良くならない。
【2008/06/20 17:49】 | 死刑制度 | トラックバック(0) | コメント(0) |
next→
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ささきち

Author:ささきち
1981年生まれ。150cm。
なんかいろいろマイノリティ。
旧ブログはこちらです。
メールはdie-in@excite.co.jpまで。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。