die-in(ダイイン)
「社会」を見つめ、「世界」を感じる。それが悲惨だからこそ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
鳩山大臣の文書と、鳩山大臣への手紙
ここ数日忙しかったもので、更新してなくてすいません。
社民党・保坂展人議員のブログより、鳩山大臣情報をちょこっと。

◆鳩山法相から官房長官にあてた「文書」
◆團藤重光さんから鳩山法相にあてたメッセージ
文書を出したり手紙をもらったり、さすが大臣、人気者ですね。
って違うか。

アルカイダ発言についての釈明は明らかに矛盾している。
記者会見では「『バリ島の中心部は爆破するから近づかないように』とのアドバイスを受けていた」と言っていたのに、その後になって事前に知らなかったと釈明してるんだけど、爆破が起こった後に「近々爆破が起こる。危ないから近づくな」って忠告するわけないでしょうよ。
この会見はビデオニュース辺りで全編観れるかな~と思っていたんですが、先々週辺りの放送で「視聴に耐えない」と神保さんがコメントされていたので、流さないみたいです。

團藤さんからの手紙について、冒頭だけ引用しておきます。
日本は古来、死刑を行わない時代が長かったことを多くの国民は知っているでしょうか。昔の記録に残っています。平安時代、嵯峨天皇の810年に藤原仲成が誅されてから、「保元の乱」の勃発で1156年に再開されるまで、実に300年以上にわたって死刑は停止されていました。
そもそも唐から輸入された「律令」を手本に大宝・養老律令を制定したとき、日本では法定刑を中国よりも一、二等軽くしたものが多いのです。818年には盗犯について死刑を事実上廃止しています。
遣唐使を廃止し、日本ならではの文化が栄えた「国風文化」の時代、日本には死刑がありませんでした。日本の文化は古来、伝統的に死刑を好まず、忌まわしいものとして避けてきました。
これを、トマス・モアの時代の15,6世紀のイギリスと比べると、違いは顕著です。あちらでは無数の窃盗犯が片端から死刑になっていたわけですから、大変な差があります。
『保元物語』に「国に死罪を行えば、海内に謀反の者絶ず」とあるように、こうした死刑の長期停止には、殺生を戒め、慈悲を本旨とする仏教の影響もあるのかもしれません。
これは明治以後に西洋近代法学が輸入される直前までの、伝統的な日本文化全体に通じます。
(後略)
このような「日本文化としての死刑廃止」の話が冒頭に来ているのは、やはり鳩山大臣が再三「死刑は日本の文化」的な発言をしているからでしょう。
スポンサーサイト
【2007/11/14 01:34】 | 死刑制度 | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<「いじめ」を目にしたコシヌケな私 | ホーム | 鳩山大臣の「功績」【加筆修正あり】>>
コメント
「死刑廃止」でブログ検索をしていたら偶然、某SNSで死刑廃止をよく書かれているささきちさんを見つけました。
團藤さんの文章を私も読みました。権威のある方の発言なので某SNSや自分のブログで紹介したいと思っています。
【2007/11/15 17:57】 URL | アミすけ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sasakichi1981.blog123.fc2.com/tb.php/13-e1c77680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ささきち

Author:ささきち
1981年生まれ。150cm。
なんかいろいろマイノリティ。
旧ブログはこちらです。
メールはdie-in@excite.co.jpまで。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。