die-in(ダイイン)
「社会」を見つめ、「世界」を感じる。それが悲惨だからこそ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
マックのサラダはどうなっているか
<マクドナルド>4店舗でのラベル張り替え、ほぼ毎日(11月29日 毎日新聞)
東京都内の4店舗で商品の調理日時のラベル張り替えや賞味期限切れの原料使用が発覚した日本マクドナルドは29日、この4店舗で01年12月からほぼ毎日、サラダのラベル張り替えが行われていたとする調査結果を発表した。また、賞味期限切れの原料使用は04年10月から、トマトなど3種類で行われていたことも判明し、長期間にわたり恒常的に不正が行われていたことが明らかになった。 (後略)

表示が改ざんされていたことは、まず問題です。
ただ、このニュースにはもうひとつ見落としてはいけない側面があります。

みなさん、ご自宅でサラダを作ることもあると思います。もしくは、トンカツなんかのときに千切りのキャベツを添えることもありましょう。
その際、残ってしまった刻み野菜をラップにくるんで冷蔵庫で保存しても、たいていはすぐシナシナになってしまいます。少なくとも、前日に刻んだ野菜を「今切ったばかりだよ」と出せば、普通はすぐに「嘘つけ」と見破られてしまうことでしょう。
しかし、マックのサラダについて、表示が張り替えられていると気づいた消費者はごく少数だと思います。
なぜ、自宅で切った野菜はすぐシナシナになってしまうのに、マックのサラダは賞味期限切れの食材ですら、バレることなく表示の張替えが「出来てしまった」のでしょうか?
食品に関心のある方ならご存知とは思いますが、市販されているサラダや、飲食店で出される刻み野菜の多くは、水や添加物につけられています。
だからこそ、時間がたってもパリパリシャキシャキで見た目は瑞々しいという、見せ掛け上の「鮮度」を保つことが出来るのです。
一度、市販されているサラダの表示をよく見てください。ドレッシングに添加物が入っているのは分かるとして、実は原材料の部分にも添加物の名前がたくさん並んでいます。それらは、刻んだ野菜がつけられていたプールに入っている添加物です。
野菜不足だからといって市販のサラダを食べでも、必ずしも健康のためになるとは言えなかったりするのです。
スポンサーサイト
【2007/11/30 01:27】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<プレゼン裁判を裁判長が主導するのか? (後) | ホーム | 東国原知事の「徴兵制」論と重罰化の共通点>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sasakichi1981.blog123.fc2.com/tb.php/26-136147a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ささきち

Author:ささきち
1981年生まれ。150cm。
なんかいろいろマイノリティ。
旧ブログはこちらです。
メールはdie-in@excite.co.jpまで。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。