die-in(ダイイン)
「社会」を見つめ、「世界」を感じる。それが悲惨だからこそ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
自殺の事実を黒塗りで隠すな
福岡いじめ自殺:黒塗り記録に不服 両親が法相に開示請求(07年11月30日 毎日新聞)
福岡県筑前町の中学2年、森啓祐君(13歳)がいじめを苦に自殺したことを巡り、両親が30日、福岡法務局の人権侵犯調査記録の大半が黒塗りだったことを不服として、鳩山邦夫法相に審査請求書を提出した。行政不服審査法に基づき、黒塗り部分の開示を求める。(後略)

元サイトでは記者会見の写真が載っており、人権侵犯調査記録を手にしたご両親の様子が分かります。元の字数が定かではないので断定できませんが、見たところ8~9割くらい塗りつぶされているのではないかと思える状態です。よくこんなものを遺族に出したなと思います。
この件に限らず、自殺の場合は自殺であること自体が伏せられたり、「死んだものを今更詮索するな」という周囲の雰囲気に遺族が圧倒されて、死の真相を知れないケースが多々あります。
そして、遺族がその後の生活を送っていく中で、なぜ死んだのかが分からないことは大きな苦しみの原因ともなります。
政府は近年になってようやく自殺対策に手をつけ、年間自殺者が3万人を超えて8年もたってから「自殺対策白書」を初めて発行しました。しかし、この福岡法務局の対応を見る限り、未だに自殺や、その背景を隠蔽しようとする強い姿勢が見受けられます。
自殺予防の観点からも、遺族支援の観点からも、情報公開は必須です。だれが、なぜ、亡くなってしまったのか。その事実と向き合わない限り、状況は前進しないのですから。
スポンサーサイト
【2007/12/01 20:23】 | 自殺 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<犯罪被害と報道被害 | ホーム | 「死刑執行の氏名公表=被害者のため」なのか?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sasakichi1981.blog123.fc2.com/tb.php/29-ac0d38d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ささきち

Author:ささきち
1981年生まれ。150cm。
なんかいろいろマイノリティ。
旧ブログはこちらです。
メールはdie-in@excite.co.jpまで。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。