die-in(ダイイン)
「社会」を見つめ、「世界」を感じる。それが悲惨だからこそ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
「ほのめかし」の謎
よく事件報道で、取調べが始まって間もない被疑者について「××への関与もほのめかしています」といった言葉を耳にする。この「××」に入るのはたいてい「殺害」で、例えば死体遺棄容疑で捕まった被疑者が「殺害への関与もほのめかしています」となる。
これが昔から不思議だった。
まず「殺害をほのめかす」の具体的な状況があまり想像できない。
取調べを受けながら「(遺体を)埋めたのは埋めたんですけど、なんで死んでたかって言われたら、それは、こう、ちょっと、あれした感じで」かなんか言うのだろうか。あるいは「殺したか殺さないかって言われると、そりゃ、まぁ、どっちかっていうと、なんか、あれなんですけど」とかそんな具合だろうか。
いずれにしても不思議なのは、殺害を「ほのめかされた」取調官のほうが、なぜ突っ込んで決定的な回答を得ようとしないかだ。
だってそうだろう。プリンを食った食わないくらいの話なら「ほのめかし」をスルーする場合もあるだろうが、ことは殺人だ。取調べの最中、相手がそんなことをほのめかし始めたら、どう考えたって「それで、結局やったのかやってないのか!」とハッキリさせたくなる。
それなのに、「ほのめかしている」状態のまま、その場で問い詰めない取調官がどうにも多いんだ。日本中に山ほどいる。そうでなきゃ、あんなに頻繁に「ほのめかしています」という報道を見聞きしないだろう。

今枝弁護士のブログを読んで、その謎が解けた。
逮捕後の拘留には期限がある。死体遺棄で逮捕した直後に殺害を認めた場合、ほとんどタイムラグが無いので、殺人罪で再逮捕しても拘留期限はさほど伸びない。一方で、死体遺棄容疑で逮捕し、拘留期限が満了になると同時に殺人罪で再逮捕すれば、それから改めて拘留期限が設けられるから、要するに二倍の期間拘留しておくことが出来る。
つまり、拘留期間を延ばすために、わざと「ほのめかしている」状態で留保しておくということだ。「ほのめかし」報道の根源には、取調期間を延ばすための戦術があるらしい。
まぁ、そんなことやってるから「人質司法」なんて呼ばれてしまうわけだけど。
スポンサーサイト
【2007/12/04 17:26】 | 司法 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<福祉タクシー券を気持ちよく使いたい | ホーム | 鶴見済の今に赤木智弘の未来を見る・・・のか?>>
コメント
今枝弁護士

お久しぶりです。返信が遅くてすいません。
相変わらずご多忙の様子。本格的な冬になってきましたので、お体をご自愛ください。
【2007/12/18 16:15】 URL | ささきち #IO3e0EY.[ 編集]
TBありがとうございます。
理解していただき光栄です。
これからもご意見ください。
【2007/12/04 18:55】 URL | 今枝仁 #yxBLcR7c[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sasakichi1981.blog123.fc2.com/tb.php/33-6919468b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ささきち

Author:ささきち
1981年生まれ。150cm。
なんかいろいろマイノリティ。
旧ブログはこちらです。
メールはdie-in@excite.co.jpまで。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。