die-in(ダイイン)
「社会」を見つめ、「世界」を感じる。それが悲惨だからこそ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
薬害C型肝炎の当事者・・・か?
忙しさにかまけているうちに、橋下弁護士は当選してしまったようです。
<大阪府知事選>タレントで弁護士の橋下徹氏が当選確実07年1月27日 毎日新聞
大阪府知事選、橋下氏の初当選確実に07年1月27日 読売新聞
大阪府知事選 橋下氏が初当選確実に07年1月27日 産経新聞
コメントする気すら失せるのでコメントしません。


で、それはそれとして。
ここ最近、話題になっていた薬害によるC型肝炎問題ですが、どうも私は当事者なようです。
私は先天的に心疾患(極型ファロー四徴症)があり、生後まもなくに一回、2歳のときに一回、6歳のときに一回手術をしています。
6歳時の手術を行った直後の血液検査でC型肝炎に感染していることが判明しました。
といっても、当時はまだウィルスが同定されていなかったので「C型肝炎」ではなく「非A非B型肝炎」と呼ばれていました。手術時に相当な量の輸血をしていたので、それが感染ルートだろうと思って20年ほど過ごしていたわけです。
薬害によるC型肝炎が話題になってからも、フィブリノゲン製剤そのものを使用したことは無いため、薬害感染ではなく輸血感染だと思ってきました。
ところが。
今回の訴訟で、フィブリノゲン製剤(止血剤)ではなくフィブリノゲンのり(縫合の際の接着剤)から感染した患者も保障対象となり、それはもしかしたら使ってるかも・・・ということで、念のためカルテ開示をしました。
で、使っていたわけです。

もちろん、だからといって輸血感染である可能性が排除されるわけではありませんが、薬害感染という新たな可能性が出てきたことは事実です。
正直、今はちょっとどう解釈して良いのかよくわかりません。
投与した記録が残っているので保証を求めることにはなるでしょうが、私自身は既に20年以上も輸血感染だと思って暮らしてきたわけです。「手術のおかげで死なずに済んだんだし、そのための(必要不可欠な)輸血によって(当時は防ぎようの無い)感染をしたなら、まー仕方ないか」と受け入れていました。今更になって「実は薬害かも」と言われても戸惑うばかりなのが本音です。
まぁ、既に10年ほど前にインターフェロン治療を終えており、生活にも支障が無いので受け入れられたわけですが。

ということで、まずは報告だけ。
スポンサーサイト
【2008/01/27 21:00】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<そして、また執行 | ホーム | 遺族と報道 =西村議員の手記から=>>
コメント
ありがとうございます。とりあえず、病院に問い合わせて投与の有無を確認します。
肝硬変や肝臓ガンになる前に、C型肝炎にかかっている事を知り、完治出来てよかったです。
去年夏に長男も生まれました。もしかしたら自分が今、この世に居なかったら、この子も生まれてないんだろうなと思うと、命ってとても大事な物だと思います。
心臓、肝臓と大きな病気にかかったけど、そのおかげで、何か大切な物を手に入れた気がします。
お互い長生きしましょう!!私の目標は120歳です(笑)
【2008/02/28 20:58】 URL | しんぞう #-[ 編集]
しんぞうさん

初めまして、コメントありがとうございます。
私もようやく自分のカルテを確認しましたが、量も膨大ですし、使った製剤の記述はほんの一部(物によっては無い)ので素人が読んで判断するのは難しいと思います。
病院が協力的であれば「フィブリノゲン製剤を使っているか確認したい」と伝えれば調べてくれるところは調べてくれます。病院が非協力的なようであれば、カルテを取り寄せた上で弁護士に相談するのが無難だと思います。現在、各地で薬害C型肝炎の弁護団が設立されていますので、最寄の弁護士会などに訪ねると良いと思いますよ!
【2008/02/27 23:09】 URL | ささきち #M71kajBY[ 編集]
はじめまして、しんぞうといいます。
色々と検索をかけていたらここにたどり着きました。
私も4歳(1980年)の時にファローで手術をしました。
ささきちさんと同じく17歳の時にたまたまC型肝炎に感染していることが分かりました。
(4歳の手術後に「非A非B肝炎」と言われていたようです。)
その時にはもう慢性肝炎で医者には「いつ肝硬変や肝臓ガンになってもおかしくない」と言われていました。
でも19歳、29歳と2回のインターフェロンで完治はしました。私も「生き延びれたんだし」と悩んでいますが、インターフェロン治療で金銭的、肉体的、精神的にも相当苦しみました。
私のカルテも奇跡的に残っており、現在はカルテを取り寄せているところです。
カルテは素人が見ても分かる物なのでしょうか?
薬害に該当する事が判明したら、どうするか考え中です。

【2008/02/24 22:35】 URL | しんぞう #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sasakichi1981.blog123.fc2.com/tb.php/41-b61e3151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ささきち

Author:ささきち
1981年生まれ。150cm。
なんかいろいろマイノリティ。
旧ブログはこちらです。
メールはdie-in@excite.co.jpまで。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。