die-in(ダイイン)
「社会」を見つめ、「世界」を感じる。それが悲惨だからこそ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
光市事件(差戻審)と安田事件(控訴審)、判決
<4月22日>
光市事件の差戻審は、弁護側の主張がまったく認められず、死刑判決となりました。弁護側は即日上告しており、これから更に最高裁での判断を待つこととなります。
判決文を読んでおらず、報道を通じて概要(と報じられているもの)をいくつか見ただけなので、判決そのものについて詳細な感想は控えます。ただ、どうやら「被告は弁護人の影響で反省する機会を失い、嘘の供述で死刑を免れようとしている」的な文言があるようで、まるでワイドショーの受け売りみたいな判決だなというのが第一印象です。

<4月23日>
さて一方、翌日は「安田事件」の控訴審判決でした。きのう弁護人、きょう被告人と、安田弁護士は相変わらずご多忙です。
こちらは一審判決から逆転して有罪、罰金50万円の判決です。一審では「アンフェアとの評価を免れない」とまで批判された検察側の主張が、今回は事実認定においてほぼ受け入れられたとのこと。
とはいえ検察求刑は懲役二年ですから、それと比べれば軽い刑罰です。量刑も検察主張より引き下げられました。なんとか許容範囲の微罪で、検察がギリカツの有罪を勝ち取った感じでしょうか。
尚、未決勾留期間を1日一万円で換算して罰金額を相殺するそうなので、罰金刑といっても実際は罰金を支払いません(訴訟費用は被告人負担)。確か300日近い拘留だったわけですが、1日一万円換算なら差し引き250万円の釣りがもらえるかと言えば、別にそういう話ではない。そりゃそうだ。
私の低い知識で妄想すると、控訴封じ臭い判決だと思います。あのムチャ論法で(量刑は軽くとも)有罪を取れたんだから検察は控訴しないだろう、安田弁護士側も、控訴すれば最悪の場合は弁護士資格を失いかねないんだし、罰金も実際には払わなくて良いし、たぶん控訴しないだろう。
とか、そういった読みが裁判所側にあるような無いような。



光市事件の控訴審判決を受け、ビデオニュースでは安田弁護士出演の回を再配信中です。
「私が重大犯罪の被告を弁護しなければならない理由」
ただし有料。つか、ぶっちゃけYou Tubeで見れるよね・・・・。
スポンサーサイト
【2008/04/23 23:21】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<光市事件(差戻審)と安田事件(控訴審)、判決 その2 | ホーム | 綿井健陽がジャーナリスト引退宣言!?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sasakichi1981.blog123.fc2.com/tb.php/49-fea1936d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ささきち

Author:ささきち
1981年生まれ。150cm。
なんかいろいろマイノリティ。
旧ブログはこちらです。
メールはdie-in@excite.co.jpまで。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。