die-in(ダイイン)
「社会」を見つめ、「世界」を感じる。それが悲惨だからこそ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
光市事件(差戻審)と安田事件(控訴審)、判決 その2
前回も取り上げた「安田事件」の判決について、ジャーナリストの魚住さんが週刊朝日に記事を書いてます。関心のある方はご一読されることをお勧めします。
麻原被告の元主任弁護人・光市母子殺害事件弁護人 安田弁護士への「逆転有罪」東京高裁の品格なき“妥協判決”
無理やりな有罪判決と、そのくせ異常に軽い量刑。妙なバランスの裏には、こんな理由が・・・って感じの記事でした。

一方、前々回で取り上げた「綿井健陽ジャーナリスト引退宣言」は撤回というかなんと言うか。
心配させちゃってもう。いや、勝手に心配していただけですが。
綿井さんが「AERA」『現代の肖像』で書かれた安田弁護士の記事も興味のある方はぜひ。
で、
判決について綿井さんの感想(?)がブログにアップされていました。
「何と言やあええのかなあ」
控訴審になって、初回の接見で「突然」重要な話(実は殺意も強姦の意図もなかったetc...)が出てくるのは、なんだか不思議だなーと私も思っていました。うそ臭いというより、「それなら何で今まで話さなかったんだ?」という素朴な疑問です。
もちろん、いくつかの報道や弁護側主張で再三繰り返されているように、控訴審になって「主張を一変させた」わけではないにしろ、にしたって下級審で重要なことをハッキリ主張していなさ過ぎじゃねーかとは思います。
しかし今回の綿井さんのブロク記事によれば、下級審での弁護活動は本来的な「弁護士業務」と呼べるものではなかったようです。
そして綿井さんも書いているように、人間、「毎日顔を合わせる相手なら(どんな関係でも)重要なことを話す」とは限りません。何時間、何万回あっても、悩みを打ち明けられない(そういう対象ではない)人間関係もあれば、その逆もしかり。

しかし、差し戻し審ではそういう問題以前に、とりあえず「主張内容が一変した」ことになっている様子。なんつーか、本当に「マスメディア報道受け売り判決」だなぁという印象を改めて持ちました。
スポンサーサイト
【2008/05/06 14:03】 | ニュース | トラックバック(1) | コメント(0) |
<<YouTube 自殺対策関連の番組 | ホーム | 光市事件(差戻審)と安田事件(控訴審)、判決>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sasakichi1981.blog123.fc2.com/tb.php/50-fc3e4978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山口県光市母子殺害事件
死刑は絶対になくしてはいけない光市母子殺害事件の被告に死刑判決がやっと下されましたが、死刑は絶対になくしてはいけないと思います。 む... 食べてやせる体を手に入れたいですか?【2008/05/06 21:02】
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ささきち

Author:ささきち
1981年生まれ。150cm。
なんかいろいろマイノリティ。
旧ブログはこちらです。
メールはdie-in@excite.co.jpまで。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。