die-in(ダイイン)
「社会」を見つめ、「世界」を感じる。それが悲惨だからこそ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
「休暇」、宮崎、そしてアキバ (後)
【6月18~19日】
18日は高熱でほとんど眠れないまま時間だけが過ぎる。
19日朝になって、ようやく平熱+1℃まで回復。
結局、今日も休む旨を職場に3日連続で報告。週4日しか出勤しない人間が3日も連続して休むのだから、それはもうこれ以上ないほど謝罪する。謝りすぎて、なんで病気なのにこんなに謝ってんだろうと悲しくなるほど謝る。
かつてジャン=リュック・ゴダールは「すべての仕事は売春である」と言ったけど、まったく確かにその通りだぜとか、朦朧とした意識の中で考える。
業種や職種を問わず、仕事とは「なにものかを生産できる身体」を売ることである。病気で商品価値が失われ、自給を貰えないというのはそういうことだ。

加藤容疑者は、派遣労働者として「身体」を売り続けた。
苛酷な環境の中を。不安定な状況で。
刑務官たちは「殺人を経験する身体」を仕事として強制されている。
それも見知った人間の死を。このところはすごい頻度で。
人を殺人に駆り立てる労働と、人に殺人を強いる労働。
果たしてどちらが残酷か?
と問われれば、もちろん「どっちも残酷」である。

執行の直前に観た「休暇」に登場する刑務官たち。
非正規雇用の問題に怒りながら反抗を犯した加藤容疑者。
たかが風邪で窮地に追い込まれる私。
なんだか、「労働」と「死刑」の問題が私の中でいろいろ重なったのだった。

さて、そんなことを書くと、想定される反応として「アキバの無差別殺人を肯定するのか」系のコメントがあるかも知れないので、そんなわきゃねーだろ!と言っておく。
ただ、この事件の背景に雇用や社会保障システムの問題があるのなら、それについては徹底的に分析し解決されるべきであることは確かだ。
加藤容疑者と似たような、もしくは加藤容疑者以上に劣悪な状況下で、犯罪を犯さず暮らしている人は沢山いる。その事実を「みんな、それでも我慢して頑張ってるのに、犯罪を犯すなんてとんでもない奴だ」と、加藤容疑者個人の問題として切り捨てるのか、「同じように追い詰められる人間が一人でも出ないよう、対策を取ろう」と考えるかで社会は大きく変わる。
追い詰められた末に犯罪に走ることはもちろん正しくない。しかし、全国民に「何があっても人を殺すな」を徹底することが可能なら苦労は無いわけで、現実的には「出来るだけ追い詰められない社会」にすることが再犯防止策であると考える。

<蛇足>
さて、私は本日無事に職場復帰。ブログも更新できるってもんだ。

<関連記事>
マガジン9条~雨宮処凛がゆく!~「秋葉原の無差別殺人、の巻」
スポンサーサイト
【2008/06/20 17:56】 | 死刑制度 | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<「負の連鎖」の帰結としての自殺 ~友人Mのケースから~(1) | ホーム | 「休暇」、宮崎、そしてアキバ (中)>>
コメント
ご本復、なによりです。


風邪の描写と思考の流れを織り交ぜた上手な語り口には、こちらまでおなじものを追体験しているような感じがして、ちょっと熱が上がりそうな気がしました(笑)


アキバの事件では、事件の衝撃は私にも大きかったです。


こういう場合問題になる、資質と環境という点では、社会環境の点で、

「少年犯罪データベースドア」http://blog.livedoor.jp/kangaeru2001/

でかたられている、昭和30年代まで通り魔事件がごく日常的な犯罪であったらしいということに、衝撃を受けました。


社会環境として、一定の条件が整うと、通り魔犯罪も必然的に発生するということを示唆しているように思いました。現在、またそのような条件が社会に整いつつあるような気がします。


それと、彼の内面ということでは、

「ネットでも無視された 加藤容疑者が供述(読売新聞)」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080620-OYT1T00899.htm

の記事が比較的よく伝えているような気がしましたが、それよりさきほど読んだ、

【秋葉原通り魔事件】加藤容疑者のメル友女性告白「悩んでいるようには見えなかった」(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080620/crm0806201646025-n1.htm

は、どこまで正確なのかはわからないものの、いささかならず胸が打たれ、少し泣けてしまいました。

こころを他人に開くことの難しさというものを特に感じさせられました。


以上、例によってひとさまのブログでだらだらと済みません。

まだ治りかけでしょうから、どうぞ御身御大切に。
【2008/06/21 07:25】 URL | SMS #SFo5/nok[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sasakichi1981.blog123.fc2.com/tb.php/54-8b42fdd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ささきち

Author:ささきち
1981年生まれ。150cm。
なんかいろいろマイノリティ。
旧ブログはこちらです。
メールはdie-in@excite.co.jpまで。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。