die-in(ダイイン)
「社会」を見つめ、「世界」を感じる。それが悲惨だからこそ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
「負の連鎖」の帰結としての自殺 ~友人Mのケースから~(2)
引き続き、友人Mが自殺未遂に至った経緯について。話は彼女の生い立ちにまで遡る。
◆幼少期に両親が離婚、母子家庭になる
◆Mが就職した頃、母親が入院
→Mの収入だけで家計を支えることになる
→生活費+医療費のため多重債務
→借金取立てが影響して職を失う
これが5年以上前の話だ。私は個人的に相談を受けて自己破産と生活保護を進めた。
結局、親子そろって自己破産はしたものの、生活保護は「倫理的に嫌だ」と頑なに拒んだため、Mが家計を支える状態は変わらなかった。Mはフリーターとしてダブルワークを経た後、2年ほど前に今の職場(製造業)へと移る。
そして、今回の自殺未遂に直接関わるのは以下のような経緯である。
◆社内で同性に失恋
(相談できる相手が限られ、精神的に追い詰められる)
◆収入減を恐れて休職・転職できない
→さらに精神的に追い詰められ、体調も悪化
→自殺未遂

これが「失恋を苦に自殺未遂」と呼ばれるなら、やはり「あまりにも不正確」か「あまりにも説明不足」だ。確かに失恋がきっかけではあるけれど、M自身かMの家族が経済的に裕福なら、少なくとも「ナミ」の経済力なら、少し仕事を休んで傷を癒すことも出来ただろう。失恋相手が異性なら、もっと多くの人に気軽に相談できていただろう。
驚くほどの「負の連鎖」が重なった先に、死がある。
「自殺時に平均4つの危機要因を抱えていた」 と言う時、その事実は「4つも不幸が重なるアンラッキーな人が自殺する」ことを意味するのではない。1つ2つの(おそらくは誰にでも起こりうる)不幸が、あっという間に負の連鎖に引き込まれ、3つ4つと折り重なることを意味する。
思い出すのは、湯浅誠が貧困問題で語る「五重の排除」や「溜めの無さ」との類似性だ。
私たちの社会は明らかに、なにかしらの「アンラッキー」に遭遇したとき、歯止めとなる安全装置が欠如している。
スポンサーサイト
【2008/07/27 16:21】 | 自殺 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<最近のこと、など | ホーム | 「負の連鎖」の帰結としての自殺 ~友人Mのケースから~(1)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sasakichi1981.blog123.fc2.com/tb.php/56-ceb89db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ささきち

Author:ささきち
1981年生まれ。150cm。
なんかいろいろマイノリティ。
旧ブログはこちらです。
メールはdie-in@excite.co.jpまで。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。