die-in(ダイイン)
「社会」を見つめ、「世界」を感じる。それが悲惨だからこそ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
残さを餌にする「エコ豚」は本当にエコか?
◆食料残さでエコ豚事業 新ブランドに期待 長野
(2009/03/18 産経新聞)

人間の食べ残しを豚の飼料にして、豚を育てる事業が長野県で広まっているそうです。記事タイトルに「エコ豚」とある通り、ゴミとなる残さを豚に与えることでリサイクル出来るエコロジカルな事業として紹介されています。
しかし、どうも私はこの事業に賛成!とは言えません。それもエコロジーの観点から。
確かに先進国の食べ残しは大きな問題で、食料を無駄にしているだけでなく、それを廃棄するコストなども考えると由々しき問題ではあります。でも、それを別の動物に与えることが本当に「エコ」なのでしょうか?
私がこのニュースを見て真っ先に思い出したのは、実はBSE(狂牛病)の問題でした。
BSEの原因は動物の死体を飼料にした肉骨粉であるといわれています。コストが安くて高たんぱくなエサを与えることで、食肉業を効率的で安定したものにしようと人々は考えました。そこで、本来は草食である牛に、よりコストの安い動物の死体(を原料にした飼料)を食べさせることを思いつきました。
より油ののった肉や、よりたんぱく質の多い牛乳を、より効率的に造るために、乳牛の場合は子牛ですら肉骨粉を使った代用乳を飲まされ、生涯で一度も母親の乳を飲むことはありません。何故なら、その母親の乳(牛乳)は、私たち人間が飲む、商品価値のある資源だからです。

もちろん、私はこの事業によって「狂豚病が出る!」と脅しているわけでも、「これは危険な事業だ!」と言いたいわけでもありません。まず、そこは念を押しておきます。

肉骨粉はイギリスで約60年に渡って様々な動物に与えられていましたが、50年以上も問題は起こりませんでした。問題が起こったのは、オイルショックの影響で加工業者が燃料を削減し、より低い温度・短い時間で肉骨粉を処理するようになってからのことです。
つまり、例え草食動物に肉を食べさせても、適切な熱処理が行われている間は奇病が発生しなかったわけです。
エコ豚事業は食品リサイクル法に基づいた事業であり(確認済み)、BSEの原因となった肉骨粉のようなズサンな処理をしているわけではありません。ですから、この事業そのものが新たな問題を引き起こすことはないでしょう。
また、豚の放牧自体は土壌の改善に役立ち、豚が雑草を食べてくれたり排泄物が肥料になったりと利点も大きいのです。放牧自体には私も賛成です。

それでも。
豚の飼料となる残さには、調理された肉や魚も含まれています(確認済み)。草食である豚が本来は食べない肉や魚を与えられることが、本当に正しい豚の育て方でしょうか?
本来は食べないものを与えて太らせることが良い肉質なのでしょうか?
現在、多くの家畜は穀物を飼料として与えられています。元々は草(人間が食べられないもの)を与えて肉(人間が食べられるもの)に育てる作業であったものが、効率化や肉質の向上といった目的のために、今では人間の食べられる穀物の多くが牛・豚・鶏の飼育に当てられています。イギリスでは農園の80%が動物に与るためのエサ作りに使われており、全世界の穀物の38%は家畜に与えられています。
そして重要なのは、「肉」を育てるためには、得られる肉量よりも多くの穀物が必要だということです。
1kgの牛肉を生産するためには10kg、豚は4~5kg、鶏は2kgの穀物が必要であると言われています(飼育環境によって多少上下します)。つまり現在の食肉産業は、人間も食べられる穀物を動物に与え、投資したカロリー(穀物)の1/2~1/10に当たるカロリー(肉)を生産するという極めて「贅沢」な事業なのです。
この他にも、水や森林などの資源が食肉産業のために大量に利用されており、牛の出すメタンガスや輸送中の排気ガスも含め、食肉産業が気候変動(地球温暖化)の大きな原因の一つであると考えられています。また、家畜に与えている穀物を人間に分配すれば、大幅な飢餓の解消にも繋がると言われています。
そうやって、多大なエネルギーとカロリーを投資して生産された肉。その食べ残しを飼料にして豚に与えるというのは、かなり皮肉な状態だと私は思います。そのサイクルを「循環型の畜産」と呼んで良いものでしょうか。

残さ問題の根本原因は、私たち人間が食べ残すこと、あるいは食べきれないほどの食事を用意することにあります。自分の食べ残しを他の動物に与えることで、私たち自身が「食べ残すような食生活」を省みる気持ちが薄くなってしまうとしたら、本末転倒です。
スポンサーサイト
【2009/03/18 14:31】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<「ツレウツ」ドラマ化の新聞記事より | ホーム | 2008年の自殺者数も3万人超え>>
コメント
なるほどなぁ。
それなら、エコ豚事業は、お茶の工場から出る利用済みの麦や茶葉、あるいは豆腐工場から出るオカラ(最高裁判例では産業廃棄物扱い、したがってみだりに投棄すると廃棄物処理法違反で処罰される)を食べさせることから始めてはどうでしょうか。
人間の食べ残しは、いろいろな食品がごちゃ混ぜになっていて、素性が怪しいですね。
【2009/10/12 00:13】 URL | 未記入 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sasakichi1981.blog123.fc2.com/tb.php/67-f065de98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ささきち

Author:ささきち
1981年生まれ。150cm。
なんかいろいろマイノリティ。
旧ブログはこちらです。
メールはdie-in@excite.co.jpまで。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。