die-in(ダイイン)
「社会」を見つめ、「世界」を感じる。それが悲惨だからこそ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
2009年3月、自殺者数が急増
昨年末から、「100年に一度の経済危機」といった言葉が使われるようになり、サブプライムローン等に端を発する世界的な不況が叫ばれています。未だにその解決方法は模索状態であり、先が見えないままと言って良いでしょう。
そんな中、不況の深刻化が明るみになった頃から、自殺者の急増が懸念されていました。
昨年末の「年越し派遣村」の時点でも、自殺企画者が思いとどまって派遣村に来たエピソードや、東尋坊で保護された未遂者の多くが「派遣切り」にあっていたことが紹介されるなど、経済・雇用状況の悪化が人の生命をも脅かしつつあると警告されてきました。
◆自殺者の増加を防げ 景気悪化、近づく年度末

思い返せば11年前、日本の年間自殺者数が初めて3万人を超えた1998年。「貸し渋り」や「日本列島総不況」が新語・流行語として選ばれるほどの大不況となりました。後に起こる「失われた10年(平成不況)」の発端となった年とも言えるでしょう。
以前にも当ブログに書いたことですが、98年の自殺者急増は、実は厳密に見ると決算期である3月から起こっています。そのため今年も、3月から更に自殺者が増えるのではないかと心配されていました。また、多くの市民団体が政府に自殺予防の対策を求めても来ました。
しかし残念ながら、先日発表された警視庁の自殺者統計によると、2009年3月の自殺者数は先月比23%増と大幅に増加していることが判明しました。
諸団体から事前の警告があったにも拘らず、現に「予想通りの増加」が起きてしまったことになります。
◆警視庁による月別自殺者数統計
◆3月の自殺者3060人=昨年比4%増-埼玉、沖縄、広島、東京で急増・警察庁
報道記事では昨年同月との比較になっており、それからすると4%の「微増」とも取れます。が、それまでの月と比べて3月(増加が警戒されていた決算期)に急増しているのは重要な点です。
「予測可能」であったことから考えても、これは明らかに自殺者個人の問題ではなく社会的な問題です。自殺者の年代など詳細は公開されていませんが、年度末が起点になっていることを加味すれば、経済・雇用の問題が大きく影響していることは想像に難くありません。
特筆すべきは愛知県で、なんと2月に比べ59%の増加です。ここまで来ると増加というより激増です。原因について単純化するのは危険ですが、愛知といえばトヨタ、と即座に思い浮かびました。

とはいえ、経済の問題が端的に自殺者増加に影響するのは、万国共通の現象ではありません。
日本の失業率は諸外国に比べて高くないわけですが、自殺率は日本のほうがはるかに高い。つまり他の先進国においては、失業増加=自殺者増加ではありません(もちろん影響がゼロではないでしょうが)。
ここまで極端に、経済悪化が自殺増加に影響を及ぼす現状は、失業してもソコソコ生きていける、という「雇用以外の受け皿(セーフティーネット)」の脆弱さを如実に現わしているのではないでしょうか。つまり「不況だから仕方が無い」という話では片付かない問題なのです。

98年に起きた自殺者急増は、残念ながら一過性に終わりませんでした。98年以降11年に渡って現在まで、毎年3万人超えが続いています。毎年、コンスタントに3万人以上の命を犠牲にして回っている、それが今の日本社会の姿です。
その人数が更に増えようとしている。とても、マトモな社会とはいえません。
スポンサーサイト

テーマ:経済・社会 - ジャンル:ニュース

【2009/04/29 23:22】 | 自殺 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<トヨタの姿 | ホーム | 和歌山カレー事件の「中立報道」は、二度おいしい飯のタネなのか?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sasakichi1981.blog123.fc2.com/tb.php/73-09a5bc63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ささきち

Author:ささきち
1981年生まれ。150cm。
なんかいろいろマイノリティ。
旧ブログはこちらです。
メールはdie-in@excite.co.jpまで。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。